Commitee

Commitee

Annie Chang (アニー・チャン), WITJ President

Annie Chang is an advocate for women’s participation in the science & technology fields in Japan & Asia.Originally from Taiwan, she has worked for over 20 years bringing women into the field and empowering women into leaders of innovation in Japan.In 2013, she founded Women in Technology Japan (WITJ) to further promote women in a time when women’s participation in the workforce is pivotal to Japan’s national economic agenda.

アニー・チャンは台湾に生まれ、台湾の有名大学を卒業し、高校教師として働いた後日本に移住。自力で日本語と英語を学び、様々な多国籍企業で働きながらIT営業とコンサルティングスキルを身につけた。チャンは1989年に最初の会社を設立。トップ500に入る多国籍企業を対象に、ソフトウェアトレーニングの提供とITエンジニアの紹介を実施。その後クライアントのニーズ、そして1990年代のITブームに応えるべく、香港と東京にITコンサルティング会社を設立し、テクノロジーのみならず金融およびヘルスケア業界に特化したサービスを提供。2008年に始まった金融危機を機に事業の見直しを行い、グローバル市場でのIT人材紹介にフォーカスしたAG Global Solutionsを設立した。チャンは雑誌に掲載されたり、セミナーの講師を務めたりした経験があり、また過去20年間に渡ってダイバーシティ(多様性)の推進とITに携わる女性の支援に積極的に関わってきた。10代の娘が二人おり、自分自身もワーキングマザーであることを楽しんでいる。

Xinmei Cai, WITJ Senior Advisor

With a BA degree from Middlebury College and MS in Software Engineering at Carnegie Mellon University, Xinmei joined Google Mountain View in 2004 after working as a software engineer in Microsoft and subsequently a Silicon Valley startup for 4+ years. She later became the Tech Lead of AdWords International Forms of Payments team. In 2007, Xinmei led the team to receive the Executive Management Group award, and was appointed Engineering Ambassador, moved to Tokyo in 2009, and built up YouTube Japan engineering team, and managed both the YouTube Mobile Site and YouTube Search global focus teams. In mid 2012, she joined Google Maps for Mobile (GMM) as engineering manager.

マイクロソフト社およびシリコンバレーのベンチャー企業を経て 2004 年よりグーグル勤務。AdWords 国際決済システムをエンジニア責任者として担当した。2007 年にはExecutive Management Group (EMG) Award をチームで受賞。「エンジニア大使」として 2009 年に来日。日本の YouTube エンジニアチームを編成し YouTube Mobile Site, YouTube Search の両チームの指揮をとった。2012 年からは、エンジニアリングマネージャーとして Google Maps for Mobile (GMM) に携わっている。ミドルベリー大学卒。グーグル在職中にカーネギーメロン大学院修士号(ソフトウェア工学)を取得。

Kristina Janjetic (クリスティーナ・ヤンイェティッチ) ,WITJ VP of Programs

Kristina has over 20 years experience in the IT industry in Japan including Fujitsu, Dell & currently Microsoft.Originally from Australia, she holds a BA in International Relations from the International Christian University (ICU) in Tokyo. She started her IT career in Fujitsu as a Unix engineer and transitioned to a partner sales professional.Her passion is on her children, all children, being a working mum and learning from diverse people who make this world a better place.

富士通、DELLなど日本のIT業界で20年以上のキャリアを積み、現在、マイクロソフトで活躍している。オーストラリア出身。来日後、国際基督教大学(ICU)にて国際関係学の学位を取得。大学卒業後は富士通にUNIXエンジニアとして就職、その後パートナーセールスへ転向。自身の子供たちや全ての子供たちのために、ワーキングマザーとして様々な人々と知り合い、学ぶことによって世の中をよりよくしていくことに情熱を燃やしている。

Janelle Sasaki (佐々木 ジャネル), WITJ Diversity & Inclusion(D&I) Advisor

Ms. Sasaki serves as the Executive Director of Diversity & Inclusion Services at Ernst & Young Advisory Co., Ltd. (EYA) based in Tokyo, Japan. She advises on state of the art Diversity & Inclusion (D&I) practices in the workplace for Japan and the Asian Pacific Region. As a well-known D&I expert, she helps top Japanese and multi-national clients on designing and executing workforce, work style and marketplace solutions to create an inclusive culture.Ms. Sasaki is a frequent international speaker on Diversity & Inclusion.Most recently, Ms. Sasaki was selected as a mentor for the 2015 Global Ambassador Program (GAP) Japan sponsored by Bank of America.Her passion for health and fitness was shaped by her training as a former competitive gymnast. Ms. Sasaki graduated from the University of California, Berkeley and holds her Professional in Human Resources (PHR) Certification.

東京にあるEYアドバイザリー(EYA)にて現在ダイバーシティ&インクルージョンサービス部門のエグゼクティブ・ディレクターとして活躍。日本およびアジア・パシフィックの国々の職場における最新のD&I実践についてアドバイスを行っている。D&Iのエキスパートとして知られ、日本や様々な国の一流企業で、職場、ワークスタイル、およびビジネスにおいて多様性を受け入れる文化を作り出すための活動を行っている。また、D&Iに関する国際的な講演活動も多くこなしている。昨今ではバンクオブアメリカが後援する2015年度グローバル・アンバサダー・プログラム(GAP)・ジャパンのメンターに選ばれた。元体操選手であり、トレーニングを欠かさず、健康管理には人一倍気を遣っている。カリフォルニア大学バークレー校を卒業、ヒューマン・リソース・プロフェッショナル(PHR)の資格を保持。

Viona Hew (ヴィオナ・ヒュー), WITJ Webmaster

Viona is a multi-lingual PV consultant focusing exclusively on clinical and post-marketing drug safety and surveillance solutions. She has worked on implementation of Drug Safety Systems for a few of the top global pharmaceutical companies, data migration between different PV systems and PV systems validation. Prior coming to Japan, she lived in Seoul,South Korea where she did her B.Eng. in Biological and Chemical Engineering in Korea University.

マルチリンガルであり、臨床医療や薬物安全性管理および監視システムの市販後PVコンサルタントとして活躍している。一流のグローバル製薬会社向けの薬物安全性管理システムの実装、異なるPVシステム間でのデータマイグレーションおよびPVシステムの検証などを担当している。東京在住、5カ国語を操る。来日前は、韓国のソウルに在住し、高麗大学校にて生命化学工業学のエンジニアリング学位を取得。

 Ery Blackstone, WITJ Social Media and Events

Ery Blackstone is Chief Marketing Officer of Kenja Corporation, as well as CEO of Platio.Blackstone began her career as a web designer/programmer. After working for several companies, she joined Netmile, which was established by Japan IT pioneer NetAge. After gaining experience in contents marketing, sales and back office operation and with great support from her supervisors, she became the youngest and first female Senior Manager. Blackstone realized that people could grow and succeed regardless of gender, age or academic background. This experience led her in 2005 to establish a business development consulting company focusing on IT. Now she is engaged in IT business development, marketing, sales, operation systems development, communication improvement, and employee development in various industries.She met her current business partner in 2010 and joined Kenja, the global IT company, as CMO. Now she is working on developing and selling innovative collaboration tools in cross-cultural environments in order to create a future in which anyone can share their knowledge, wisdom and education.

Kenja CorporationのCMOとPlatioのCEOを兼務。HP 開発のプログラマー/デザイナーとして一歩を踏み出し数社を経験した後、日本のIT業界の先人を切ったネットエイジ社が設立したネットマイル社に入社。上司に恵まれ、コンテンツ・マーケティング・バックオフィス・営業などの多部署を経験、女性初・最年少シニアマネージャーに昇格。性別・年齢・学歴を問わず人は成長できることを体験し、2005年にITを中心とした事業開発コンサルティング会社を設立。様々な業種におけるIT関連の事業開発、マーケティングセールス、オペレーションシステム構築、コミュニケーション改善、社員教育などに携わる。2010年に現在のビジネスパートナーと出会い、グローバルIT企業であるKenjaにCMOとして参加。異なる文化・宗教からなる数カ国間におけるビジネスを経験しながら、世界中の知識・知恵・教育を全人類がシェアすることができる未来を目指し、革新的なコラボレーションツールの開発・販売に従事している。

Sonoko Nakada (中田 園子), WITJ Administrator

Sonoko is a Consultant/Assistant to Annie Chang at AC Global Solutions. She started her career as a researcher at a marketing research firm. Then she moved on to IT industry and worked as a Marketing Communications Specialist at computer software and internet research companies. She obtained Bachelor of Business Administration (Marketing) from Wichita State University in Kansas, U.S.A. She is a Working mother of three children and enjoys raising kids.

現在ACグローバルソリューションズにて代表取締役付きアシスタントおよびコンサルタントとして勤務。大学卒業後は市場調査会社に就職し、リサーチャーとして勤務。その後、IT業界へ移り、ソフトウェア会社やインターネット調査会社になどで、マーケティング・コミュニケーションのスペシャリストとしてキャリアを積む。アメリカカンザス州のウィチタ州立大学にてビジネスアドミニストレーション(マーケティング専攻)の学位を取得。三児の母。育児と仕事に追われながらも子供たちとの生活を楽しんでいる。